• ホーム
  • 被リンクを活用するリンクジュースという考え方

被リンクを活用するリンクジュースという考え方

カーソル

SEOでもう一つの基本となるのが、自サイトへの被リンクをいかにして獲得するか、どのようにそれを活かすのかという点です。
このような考え方はリンクジュースと呼ばれ、文字通り被リンクを自サイトの評価を高めるための栄養素だと見做していることになります。

リンクジュースによってサイト順位を上げる場合には、もちろん出来るだけ質の高いサイトからリンクしてもらう必要があります。
質の低いコンテンツからの被リンクをいくらもらっても、それはサイトの評価を上げることにはつながりません。
それどころか、場合によっては検索エンジンによる評価やランキング順位を下げてしまうことにもなります。

Googleを始めとした検索エンジンでは、一般的に専門性の高いサイトや公益性のあるサイトの評価を高くする傾向があります。
サイトに掲載されているコンテンツの内容に限らず、他のどんなサイトと関係があるのかといったことまで含めて、検索エンジンは評価している訳です。

ですから、いくらリンクの数だけを獲得しても、それが即座に検索エンジンでの上位表示につながるわけではありません。
自サイトへの被リンクをコントロールして、出来るだけ質の高いサイトを選んでつながりを持たせることが大切になって来ます。

とくに中古ドメインを購入して使用する場合等は注意が必要です。
過去に悪質なサイトとのリンクを持っていたドメインの場合、検索エンジンは現在でもそうしたサイトとのつながりがあると判断してしまう可能性があります。
例えば、アダルトサイトや違法サイトからの被リンクがあった場合、自サイトまでそれと似たようなサイトだと誤認されてしまうリスクがある訳です。
SEO目的で中古ドメインを使用する場合には、こうした過去の被リンクや相互リンクにも注意するようにしましょう。

リンクのコントロールは何も被リンクだけに限った問題ではありません。
自サイトからのリンクにも気を付けることが大切です。
例えば同業他社や友人・知人へのリンクが自サイトにあっても、サイト自体とはあまり関連付けたくない場合もあるでしょう。
そうした時には、自サイトからのリンクを検索エンジンの目から隠す必要があります。

自サイトからのリンクを隠すやり方としては、タグの中にrel="nofollow"という属性を記述する方法があります。
nofollowを使っておけば、検索エンジンはそこから先のページのをリンクを伝って辿ろうとはしなくなります。
ですから、不必要なサイトと自サイトとの関連付けを防止することが出来るのです。

このように、リンクや被リンクの管理はSEO対策では重要になって来ます。
定期的に整理をして良質なものや専門性の高いものだけを残し、サイト価値を高めるようにしましょう。

サイト内検索
人気記事一覧