• ホーム
  • 意外と分かりにくいnoindexでサイト価値を高めるやり方

意外と分かりにくいnoindexでサイト価値を高めるやり方

これは内部リンクや外部リンクの問題とも関係する話ですが、Google等の検索エンジンは重複するコンテンツを嫌うという傾向があります。
重複コンテンツには複数の意味があり、似たような内容のホームページが複数存在することや、同一サイト内に似たようなページが存在することを言います。

このうち、似たようなホームページが存在することに関しては分かりやすいでしょう。
検索エンジンは付加価値の高い情報を重視するので、ありふれた情報の評価はどうしても低くなります。
インターネット上に似たようなホームページが多くあれば、コンテンツの内容でSEOにつなげることも難しいでしょう。

それ以上にサイト評価に悪影響を与えるのが、同一サイト内に複数の似たページが存在することです。
このように整理されていないページは検索エンジンによって低品質だと思われるだけでなく、場合によってはスパムだと判定されてしまう可能性もあります。
一度ペナルティを受けてしまうと信頼を回復することは困難ですから、重複リンクにはぜひとも気を付けておきたいところです。

しかし、場合によってはサイト内に重複コンテンツを残しておきたいこともあります。
例えば、工事中のページがあってまだ完成していない場合、以前の情報を残しておくことでユーザーの不便を回避したいと考えるオーナーもいます。
これは外部リンクに関しても同様で、止むを得ない事情でリンクを残しておきたいというケースも多いのです。
重複コンテンツが全く表示されないようにすることが得策かと言うと、そうでもないと言えます。

こうした場合、検索エンジンのクローリングに反映させたくない低品質なぺージやサイトへのリンクは、noindexを使ってクローラーの目から隠すようにすると良いです。
noindexを使用すれば、そのリンクは検索エンジンのクローラーからは見えなくなるため、検索結果に悪影響を与えることを防ぐことが出来ます。

また、文字数の少ないページへのリンクにもnoindexを設定したほうが良いと言われています。
検索エンジンの検索結果で表示されないサイトの多くは、情報量が不足していたり、正しくない情報が書かれています。
正しくない情報に関しては論外ですが、文字数が少なくても有益な情報というのは存在します。
例えば、ちょっとしたまとめページを作っておきたい場合など、noindexを指定しておけば検索エンジンの評価を高いままで保つことが可能になります。