• ホーム
  • 外部リンクだけでなく内部リンクも整理しておく

外部リンクだけでなく内部リンクも整理しておく

リンクと言うと通常外部リンクのことだけを考えがちですが、サイト内にも同様にぺージ同士を関連付けるリンクが存在します。
このようなリンクを内部リンクと言い、その管理もSEO対策では重要になります。
内部リンクの整理されているページは、利用者の利便性が高く検索エンジンからも高評価を受けやすいからです。

検索エンジンのクローラーのシステムとして、ユーザーの利便性を損なうようなサイトにはあまり高い評価が与えられません。
いくら多くの文章や画像があって沢山の情報が存在していても、利用者が読みにくければそのサイトは低く評価されてしまうことになります。

ですが、検索エンジンは人間のように直観的な判断が出来るわけではありません。
そのため、内部リンクが整理されているかどうか、コンテンツごとの関連性をきちんと持たせているかどうかを、サイトを評価する際の指標にしているのです。

例えば、トップページから別のページへとジャンプする場合、見出しの内容とジャンプした先の内容が合っていなければ、検索エンジンは不自然なサイトだと判断してしまいます。
同様に、目次や見出しのページが整理されておらず、複数存在するような場合にもそのサイトの評価は低下します。

内部リンクを整理することは、ユーザーの利便性を高めるだけでなく、回遊性を上げることにも関係して来ます。
インデックスページからジャンプした場合等は、きちんと元のページに戻るためのボタンを用意しておくようにしましょう。
こうした点をきちんと整えておかないと、ユーザビリティーは低下することになります。
それは検索エンジンのクローラーにとっても同様で、一方通行のリンクが残っているサイトはあまり高く評価されません。

SEO対策では、検索順位よりもむしろユーザーがそのサイトにどれだけ長く留まってくれるかという点が重要になります。
内部リンクを整理して回遊性を高めれば、訪問者が目当てにしている情報やサイトオーナーが売り込みたいと考えている商材に辿り着く可能性も上がって来ます。

ユーザーの回遊性を高めたい場合には、なるべく関連性のあるコンテンツ同士を内部リンクで結びつけるようにしましょう。
閲覧者は興味があるコンテンツであれば、キーワードを辿って次々にサイト内のページを回覧してくれます。
その結果、サイトへの滞在時間は長くなることになり、サイト内で販売している商品やアフィリエイト広告等が存在すれば、それをクリックしてくれる可能性も高まる訳です。