• ホーム
  • 即効性の高い中古ドメイン使用のメリットとデメリット

即効性の高い中古ドメイン使用のメリットとデメリット

パソコンの画面

現在、最も即効性のあるSEOとしてよく知られているのは中古ドメインを使ってサイトのドメインパワーを上げるというやり方です。
ネットでビジネスをしている人であれば、中古ドメインという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。
要するに、これは他人が過去に使っていたドメインを買い取って再利用するという方法です。

では、使い古しのドメインを使うことがなぜSEO効果があるのでしょうか。
これは検索エンジンがサイトを評価する仕組みと関係しています。
検索エンジンの多くはサイトがどれくらい長く運用されていたかというサイトの歴史を重視するため、以前から使用されていたドメインを使用するほうがサイトの評価は高くなるのです。

しかも、中古のドメインであればすでにクロールの対象となっているので、検索エンジンによるインデックス速度も速くなります。
新しく始めるサイトの内容を検索結果に反映させやすい訳です。
中古ドメインを使った場合、検索エンジンで上位表示されやすいという利点があるため、何もしなくてもSEOの効果が得られることになります。

ですが、中古ドメインを使う場合にはいくつか注意点やリスクもあります。
例えば、その中古ドメインが検索エンジンからペナルティを受けた過去があったり、あまり質の良くない被リンクを受けている場合には気を付けなくてはいけません。

とくに、検索エンジンのペナルティを受けていた場合、検索上位に表示されないどころか、インデックス自体されなくなることもあります。
こうした点は事前にチェックツールを使ってペナルティの原因を再調査する必要があると言えるでしょう。
場合によっては検索エンジンに再審査リクエストを送ってペナルティを解除してもらうことも出来ます。

質の悪い被リンクにもやはりリスクがあります。
元々質の良いコンテンツを掲載していたサイトであれば、質の良い被リンクが残っていることも多く、以前そのサイトを訪れていたユーザーを新たなサイトに取り込める場合があります。
つまり、以前のサイトのドメインパワーを利用してSEOにつなげられる訳です。

しかし、中には否認すべき被リンクも存在します。
例えば、アダルトサイトや違法サイトからの被リンクであれば、そのリンクを辿ってサイトとは無関係のユーザーが流入してしまい、サイトの質も低くしてしまうことになります。
こうした否認すべき被リンクを受けている中古ドメインは、やはり購入すべきではないでしょう。
中古ドメインを使用する際は、事前に再調査をしてそのドメインであれば安全かどうか、上位表示されそうかを確かめておく必要があります。

サイト内検索
人気記事一覧